B.R.Japanの特徴

B.R.Japanは企業の不動産顧問です。不動産ファンドの収益化スキームを使って不動産のコスト削減と収益化を行いパフォーマンスを向上させクライアントの不動産の健全化を図ります。

B.R.Japanの3つの特徴

ファンドの収益化スキームを所有

各部門に精通したプロフェッショナルと事業提携をすることによって不動産ファンドの収益化スキームを実現。企業の不動産に強い理由がこのアライアンスの強さにあります。その為クライアントには手差し金必要なくサービスを提供することができます。

主な顧客が不動産ファンド

不動産を常に購入する不動産ファンド、デベロッパーとのつながりにより、不動産をクローズドな状態で売却・購入する販路を持っています。

クライアントの豊富な実績

年間取引社数約40社、約5000万円のコスト削減。平均収益率10%UPを実現しています。

物流倉庫

4000万円資金回収

商業施設

500万円資金回収

オフィスビル

500万円資金回収、収益率5%UP

印刷工場

500万円資金回収

レジデンス2棟

600万円資金回収

土 地

収益率120%UP

繊維工場15棟

2500万円資金回収

不動産の収益化・コスト削減の方法をご提案します

不動産の収益化

不動産ファンドはあらゆる収益化の手法で収益率をあげ投資家に配当を出します。弊社はこの収入をあげるスキームをクライアントにご提供しています。収益化の手法は約20通りの種類があり、それらすべての項目を不動産に適合させていきます。

  • 優良テナントの誘致
  • 空きスペース有効利用
  • サブのキャッシュポイント
  • 空室率対策
  • 家賃値上げ
  • 不動産のコスト削減
  • その他

不動産の収益化までの流れ

1. ヒヤリング

所有の不動産の収益化がどれくらい行えるのかをチェックします。

2. 必要資料の提出

収益化できそうな項目があれば、その項目によって対象となる不動産の資料の提出をお願いします。(不動産の概要のわかる書類一式、不動産における収支の分かる書類、損害保険の証券、納税証明書など)

3. 収益化の診断

収益化できる対象を弊社アライアンスとともに診断し、適合できる項目を洗い出します。この際により詳細を知るために再度聞き取りをする場合がございます。

4. 合否の通知

収益化の診断で可能となった項目の通知をいたします。診断で「可」の場合、実地開始。

5. 収益化の実施

弊社アライアンスとともに収益化の実施を行います。収益化の際に項目によって御社にお願いする事項がでてくることがございます、ご協力をお願いします。

6. 成果報酬の入金

収益化によってでた収益から成果報酬をいただきます。入金は指定の口座にお振込みをお願いします。

新着情報

  1. 誠に勝手ながら、2018年4月29日(日)~2018年5月6日(日)は株式会社B.R.Japan...
  2. 昨今は、不動産業者の数がコンビニの数を上回っており、扱う商材の性格からも、他社との差別化が難しく...
  3. 2018年4月19日より弊社が提供する旅館業取得物件(合法民泊)【京都嵯峨嵐山ホテル】の内覧会を...